2008年6月12日をもって更新停止。
今までありがとうございました。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.12 Thursday | - | - | - |
忍足アルバム限定盤 「結晶」感想。



大胆に普通の店で購入。

ただでさえ恥ずかしいのに
前のおばちゃんが韓国ドラマ(?)のDVDの問い合わせなんかしてるから
しばらく待たされた・・・!でも!
愛には変えられない。






では一曲ずつ感想スタート。
(☆・・・作詞が木内さん。 ★・・・作詞作曲が木内さん。)




1.CRFTY〜Bossanova Version〜
言わずと知れたキャラソン。
最初から最後まで忍足に浸れるので今でもよく聴くほうです。
ボイスメッセージに衝撃を受けてから早数年。
アルバムまで出す立派なキャラとなって・・・!(喜)
ボサノバは自分は馴染みのないジャンルなんで何とも言えないですが、
まぁ彼らしいのかな?


2.銀の剣(☆)
これはアルバムのCMのバックや、ラジプリでも流れたりと
今回のアルバムを代表する一曲かと。
試合に臨む彼ですね。とにかくカッコイイ。
曲が始まる前のイントロが好きです。
ラジオCMで聴いてて馴染みがあるからなのか、
なんかテンション上がります。


3.MEBACHIKO(★)
跡部アルバムで言う「KA・BA・JI」のような
お遊び曲という感じでしょうか。
なんと「眼鏡のはずす夜」じゃなくて
本当はコレがシングルカットされるはずだったらしい・・・!
いや、あっちで良かった気がします。(いい意味で)
曲調はなんとラップ・・・(笑)
メロディはやけにさわやか風味です。
台詞(ラップ)の部分しか歌ってません。乾のキャラソンっぽい雰囲気です。


4.月夜の下で
タイトルからして察しはつきますが、
なんか眼鏡をはずす夜的な、妖しい曲。
息多めです。


5.カタルシス(☆)
秘めたる闘志を燃やす忍足。
メロディ自体はせくすぃーな感じなんですが。
何故か物凄く耳に残ります。
彼の目指す「あいつ」とは氷帝部長でしょうか。


6.スパイラル
キタっ!!二人のデュエットーー!!
やっと保志さん絡んできたよーー!(笑)
久しぶりに岳人が歌ってるのを聴けて嬉しいです☆
更に間奏部分には台詞も。
お互い、岳人・侑士とちゃんと名前で呼び合ってる!嬉しすぎ!!
メロディもスピード感溢れる感じで
二人のタブルスに賭ける意気込みが伝わってきます。


7.くせもの(★)
歌詞もメロディも、全てにおいて大人な一曲。
一番中学生っぽくない曲。(まぁ全てそうかもしれないが)
そして艶っぽい。でも好きだなー。
やっぱ氷帝はこういう系がいいんじゃあな〜い?


8.瞳を閉じて(★)
某有名ヒット曲と同じタイトルのこの曲。
この曲のイントロ部分も宣伝のバックで流れてましたね。
サビを聴いて、キスプリ・ラブプリの忍足の曲を思い出しました。
あんな感じ?しっとりと歌い上げます。


9.HIDE&SEEK
サビにいくまではなーんとなーく聞き流すように聴いてましたが
サビのメロディが印象的。一気に盛り上がります。
そこに大阪弁の歌詞あり。なんだか不思議な組み合わせ?


10.虹の正体
いいですねーこの曲。中々の自分好み。
ぜひカラオケで歌いたい曲です。


11.明日の自分へ
忍足のイメージにない爽やかソング・・・(笑)
不二が歌いそうな感じです。まぁこういう系もないとね。


12.眼鏡をはずす夜〜眼鏡's Version〜(★)
シングルの眼鏡トークに出てきたあの二人がゲストです。
一節歌うたびに台詞が入ります。
一番は手塚。二番は乾。最後は一緒に歌ってます(笑)吐息入り。
それにしても・・・・・・・・・・
お洒落でかけるのならもっとカッコイイ眼鏡がいいのでは・・!?


13.Place of my heart
ラストを飾るこの一曲、
個人的には一番忍足っぽくない気がします。
なんか歌詞が忍足というよりタカさんっぽいです。
アツイ漢の歌、という感じ。





総評。


かなりいいんじゃあないでしょうか!
一曲一曲「いい!」と思える曲ばかり。
今のところ、飛ばしたいと思う曲はありませんし(←ここ重要)
手塚のアルバムよりもキャラソン色強くないと思うので、
普通のアルバムとしての完成度も高いような。

ファンとしては、木内さんが手掛けている曲が
たくさん収録されているっていうのも嬉しいですvv








2005.03.01 Tuesday 23:32 | アニメソング。 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2008.06.12 Thursday 23:32 | - | - | - |









http://66132.jugem.jp/trackback/177

このページの先頭へ