2008年6月12日をもって更新停止。
今までありがとうございました。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.12 Thursday | - | - | - |
キャスト発表第一陣。



お久しぶりです、奈七です。
サボりまくりですみません。



昨日発売のWJにて、デスノアニメの月とLの声優さんが発表されました。

夜神月・・・宮野真守さん
L・・・山口勝平さん



宮野さんといえば、ホスト部の殿!・・と私は連想するわけですが。
それにしても全然違うキャラですねぇ。
今はキライトよりもピュアライトの方が想像しやすいです。

そしてLがかっぺーさんとは!!
どなたになるのか、全く想像できなかったんですが、
その中でもかっぺーさんは意外だったというか。。。
「少年役」ってイメージがあるもので、
あーゆう特異な人物をかっぺーさんが演じるとどうなるのだろうかと
これまた全く想像できません。

お二人ともに期待度大です!!あとはミサが気になる。





↓今読んでるもの、読み終わったもの、これから読むもの、これからやるもの。

20060905_243849.jpg

テニスはぶっちゃけラジプリを楽しむために惰性で買ってます・・。
ツッコミなんて言葉じゃ収まらない、ただの批判になりそうなので語りません。


テニプリはファンタジー

だと思えばいいんだ、という結論に達しました。
本当に好きなんだけど、なんだかなぁ・・・・・・


なんか銀魂は最近やけに下ネタ多いっすね・・(笑)
でも、あいかわらずおもしろいv






2006.09.05 Tuesday 16:09 | アニメ。 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハチミツとクローバー供‖茖穫担響曄



これ、好きなシーン!!


単行本で読んで、このシーンのアニメを観たいとどれほど願ったことか。
再アニメ化で夢が現実に!嗚呼・・・幸せ。

8巻感想で言いたいことを書いちゃったので、以下コピペです♪



野宮さん。


青春スーツ再装着〜♪
腹黒いことを考えていたのに、山田さんの前では無力化??
意外や意外、鳥取から寝ずに車飛ばして会いに行ったり、
あんなにストレートに気持ちを伝えたり・・・・・・・・

本気になっちゃったんだねっ♪(ニヤリ)

まぁそんなギャップに弱いのだ、こっちは・・・!


真面目モードな中、一人笑いに走ってくれた山崎。


グッジョブ☆

さすが、どんな服もさらりと着こなすだけあるNE☆




昨日発売の9巻、読みました。

終始泣きながら読んでいたような気がする。
読了後しばし放心。

たぶんここもアニメでやってくれそうなので、
単行本感想はなしで、アニメ感想でその時に書こうと思います。







2006.07.15 Saturday 11:36 | アニメ。 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハチミツとクローバー供‖茖河担響曄



今週からいよいよ本編スタート。


久しぶりのはぐちゃん。
思ったのですが、工藤さん演技上手くなったなぁ、と!
確実にはぐちゃんと同調してますv


いじわるしている森田さんをラリアットで(←合ってます?)制する竹本くん。

アニメではどーんと迫力あって頼もしい・・・!!


しゃっくりの止め方ってたくさんありそうですね。

竹本くんは割り箸を使って、先生は反対側から飲む、真山は砂糖水・・・・
ちなみに私は、コップに2〜3センチぐらい水を入れて、
それを3回に分けて飲む、というやり方です。
難点はすぐには止まらないところ。
駄目ぢゃん!という感じですが、
要は「処置はした!」という気の持ちようなのです☆






原田デザインでお手伝いを始めた山田さん。

リカさんと真山の距離が縮まっていることを感じずにはいられない
そんな中で、自分の気持ちを隠すように
カツ丼大盛りをがつがつ食べる姿は涙を誘いますね・・・。
まだこんなにも山田さんの中には真山が居るんだと思うと
ほんっっとうに幸せになって欲しいなと。
悲しみの涙じゃなくて、幸せな涙を流せる日が来ることを願いつつ。



今回、単行本でいう8巻冒頭から始まってますが、
今回のハチクロって全何話なんでしょう?
9巻は今月出るけど、あれからあんまり話は進んでないですよね、たぶん・・。







2006.07.08 Saturday 13:33 | アニメ。 | comments(0) | trackbacks(1) |
ハチミツとクローバー供‖茖穎担響曄





ハチクロ、お帰りなさい!


またアニメのハチクロを観れる日が来るなんて、最高に嬉しいですv
感想もできるだけ書いていくつもりです。(貴重な更新ネタにもなるし。笑)


さて、今回は第1話ということで、
30分使って今までの復習って感じでしたね。
今回から観る人もいるかもしれないし、妥当だと思います。
なので、本編の感想はおいといて、OP&EDの感想でも。
今作も音楽陣が同じ顔ぶれということで嬉しいです!
すごく思い入れあったので。。。



OP。
今回も作りこんできたー!って感じのOP。
前回の1期目のOPよりはいいと思う。
同じ構図だけど変化があったり、
最後ハチミツになってホットケーキにかかるのが可愛いv
曲のタイトルの「ふがいないや」っていいな!
ハチクロっぽさが出てる気がする。

でも2期目のOPには敵わない。あれはかなり良かったからなぁ。



ED。
前回は観覧車でしたが、今回はシルエットに。
なかなかいいのでは。
今回の曲もいいですね〜。



本編は2話目から本格始動という感じみたいなので、次が楽しみです。








2006.06.30 Friday 15:09 | アニメ。 | comments(0) | trackbacks(8) |
春アニメ、一括一言感想。



こんにちわ。


数日前、やっと知りました。
ハチクロのアニメがあのノイタミナ枠で夏から再スタートすることを!!
嬉しい!
またアニメをやって欲しいと思っていたけど、
正直無いと思っていたので感激ですv
この嬉しいテンションそのままに、
買い忘れていたハチクロDVD購入。最終巻も予約。

思えば実写映画も控えてるわけで。
・・・・えぇ、忘れていたんですけど・・。
今後のハチクロ関係の展開からも目が離せないです。




季節の変わり目となり、続々とアニメもスタートしましたね。
一つをじっくり書くにはめんどくさい時間がかかるので
簡潔にいきたいと思いまーす。




・.hack
前シリーズを観ていないので全く話が分からない。
続きものなんですか?それとも新シリーズ?
それすら分からない。
そんな状態で何故観たのかというと、
単純にFJYのOP曲が聞きたかったから!
絶対シングル買いますv発売が待ち遠しい〜♪
たぶん、これを聞くために次回も観ると思います。
ED曲もあの独特な感じが良かったなぁ。


・NANA
ついにアニメもスタートしましたNANA。
OP&ED曲、共にイイ!ちゃんとフルで聞きたいです!
映画も観たいと思いつつまだチェックできず。
私のHNも奈七ですが、NANAから取ったのではありません。
・・・んなことはどーでもいいですね、ハイ。
奈々役のKAORIさんって私は知らなかったんですけど、
奈々の可愛らしさが出ていて良かったと思いました。
朴さんナナ、カッコイイ!笑い声が可愛い!
章司はまだ高橋さんの声というイメージが強すぎる・・。
石田さんがシンでしたっけ?
いまいち想像できないんだけど・・・・可愛いボイスで来るのか?
そう来たら悶絶しちゃうよ・・・!!


・銀魂
放送開始の19時に滑り込みで帰宅。
無事開始に間に合いました♪
まず思ったのは「神楽可愛いっ!!」
釘宮さんピッタリですっ。
銀さんはまだ真山のイメージが抜けきらない・・(笑)
でも、あの杉田さんの声と銀さんの覇気のない感じは
とても合っていると思う。これからだ!
お登勢さんとキャサリンがいい味出してて好き♪

12巻での空知先生のコメントにあった、
杉田さんと田○まさしの話をした、ってのにツボって困りました。
よりによってなんで田○ーー!?盗○の話でもしたの!?


・桜蘭高校ホスト部
今期一番楽しみにしていたアニメ、ホスト部♪
でもキャストがドラマCDとは変わってしまったと知った時は
それはそれはショックでした・・・。
鈴村さんは残ったけど、馨から光への微妙なチェンジは一体・・。
アニメ化知る(テンション↑)
キャスト知る(テンション↓)
と浮き沈みが激しかった。
ですが!
アニメを観て、そんな悲しみは吹っ飛びました。
声合ってます!違和感もそれほど感じなかったし。
OP曲はホスト部イメージで作られたんですかね?
すごく合ってて可愛らしい。
もうアニメを観てテンション↑ですよ!(←全く忙しい奴です)
坂本さんのハルヒも可愛いなぁv
ハニーも可愛いなぁv
これから毎週観れるなんて幸せだなぁv





飽きっぽい私が、最終回まで見届けられるのは何作品だろうか・・・。








2006.04.08 Saturday 14:20 | アニメ。 | comments(2) | trackbacks(0) |
蟲師 第1話感想。



私が今期一番楽しみにしていたアニメ、蟲師がついにスタート。

「蟲師」というタイトルからしてすごく気になっていて
ずっと漫画を読んでみたいと思っていた作品だったのですが
漫画を読む前にアニメになりました。
なので、原作は読んでません。




本編。

独特な世界観ですね。
幻想的な世界に引き連れて行かれるような感覚といいますか。
あの雰囲気が読者を惹きつけているのでしょう。


蟲ってなんだ?蟲師ってなんだ?という疑問が。

アニメの公式サイトへ行って解説を読んでも、
ちょっと分かったような、でも全然理解できていないような気もします。
観ていくうちに自分なりに消化していけるのかな。

映像もとても綺麗でした。



第一話を観て、心の底からおもしろかった、という感覚よりも
「蟲」と「蟲師」についてもっと知りたい!という好奇心のほうが大きい。
今後の私の裏テーマ(?)となりました。
来週も楽しみです。


今期はBLOOD+と蟲師だな。







2005.10.23 Sunday 13:50 | アニメ。 | comments(0) | trackbacks(2) |
パラダイスキス 第1話感想。



ノイタミナ第2弾、「Pradise kiss」ついに始まりましたね。
原作は最初の数話、合間にチラチラ、最終回はチェックという
ひっじょーーに中途半端に知ってる状態だったりします。



OP曲・・・からの始まりではなく、プロローグから。

早速実写映像がお目見え。さすが、おしゃれ系アニメ枠。
他の部分でも随所に実写が散りばめられ、それが「絵」になる。
パラキスならでは、というところでしょうか。



ついつい比較対象が前作のハチクロとなってしまいますがご容赦を。

まず作画ですが、
初めて嵐を見た時、私は正直落胆しました。
というのは、絵が「アニメ作画」として独立しているということ。
特にギャグ絵はオリジナルと言ってもいいくらいに自由な感じで。
ハチクロと違って、そこら辺の要望はなかったのか。
街がかなりリアルに再現されててびっくり。


キャスト陣。


紫役の山田さん。
まだ若干の違和感は拭えない気もするが、
実和子との会話シーンでちょっといいかも?と思う。

ジョージ。
野宮さんと同じですね。
そのため、どーしても野宮さん声ということを意識してしまう・・・。
まぁ慣れで解消されるだろう。
それにしても高校生であの声とは渋い。

イザベラ。
お、おんな!?声は女性が担当されているんですね。
あの見かけだし、男性が演じてカマっぽくなるのは厳しいので
キャラ的には合ってるのかもしれない。

嵐。
可もなく、不可もなく。
子供っぽさが出てていいのでは?
しかし、やはり作画が気になる・・・!

実和子。
個人的に一番しっくりきました。
あの甘ったるい声が、洋服とピンク髪のイメージともピッタリ・・(笑)
想像に近かった・・・・まさに実和子だ、と。




本編。


第一話なので、まだ話しは発展せず。
早速ご近所キャラの浜ちゃん先生とキラキラ星人が出てきたのが嬉しい。
実果子も出てくれるかなー。ちゃんと宍戸さんかなー。

ご近所もそうだったけど、
自分の腕で勝負してる人ってカッコイイな。素直に憧れます。
勉強だけが全てじゃないよね、と。
高校生ぐらいの時って学校が全てみたいなところがあるから
違う世界を見る経験って、普通に学生してたらなかなか無いもの。
そう思うと、紫はラッキーかも。



ED。

デフォルメキャラ登場。
うーん、個人的にはあまり好みではないかも・・・。




とりあえずラストまで見守っていくつもりです。
と言いつつ、早くも次回作が気になっていたりする・・・(笑)








2005.10.15 Saturday 00:01 | アニメ。 | comments(0) | trackbacks(2) |
ハチミツとクローバー 第24話感想。



ついに最終回を迎えました、ハチクロ。


シンさん達に見送られ、再び走り出した竹本くん。

食料調達のため学校近くのお店に入ると、逆に御飯をご馳走になる。
素敵なおばあちゃんです。
見ず知らずの子を家に上げて御飯を食べさせるなんて、さすが懐が深いですね。


道中スピッツの「スピカ」が。

曲のキラキラしているようなイメージが、
袋小路に迷い込み暗い旅をしている、という印象から
これは楽しい旅なんだ、という明るく前向きな雰囲気を感じさせてくれました。

そしてついに地の果てに到着。

何かを掴んで(?)悟って(?)、自分の大切な居場所へと帰路を急ぐ。
そして真っ先に大好きな人のところへ。


翌日、垂れ幕にて大々的にお祝いされる☆
竹本くん、先生方に人気ですv
青春真っ只中の竹本くんは、先生方にはある意味眩しい存在?
森田さんの「髪切ったげるよ!!」攻撃もあっさり回避。
確実にたくましくなってます・・・・!


後日お帰りなさい会を兼ねた、夏祭りへ。

去年は輪投げの賞品のホイップちゃんを山田さんのために取ってあげた真山、
今年は竹本くんへおまかせ。
彼も、前へと歩き出した(お父さんの巣立ち?)ようですね。

森田さん、子供に混じってちゃんとかた抜きしてるし・・・!!
あのエピソード見たかったなぁ・・


花火をバックに、竹本くんついに告白。
普通に会話をするように、さらりと「君が好きだよ」。
気負いすぎず、さらりと言う様がカッコ良くて、
それが竹本くんの成長ぶりを物語っているようで。
はぐの「戻ってきてくれてありがとう」も
あたたかくて、優しい言い方だったのがすごく良かった!思わず涙。

最後のED曲が「ワルツ」で、
アニメーションも以前のものになっていたのにちょっと感動。
「これこれ!」という気持ち。



はぁ。もう終わってしまったんだな・・・
感想書くのも今日が最後かと思うと、ほんと寂しい。。
ハチクロアニメ、始まるまではいろいろあったみたいだけれど、
出来は抜群!声も文句なし!・・・素晴らしい作品でした。
作画の心配することがないってすごいよ・・。

とりあえず、DVDはリリースが続くし、
ローマイヤ先輩編もあるし、それが楽しみ☆




さて。10月からはパラキスですね〜。
こちらもチェックはします。感想はその時の気分次第。
でも、今期一番楽しみなアニメは「蟲師」です。








2005.09.30 Friday 16:07 | アニメ。 | comments(2) | trackbacks(11) |
ハチミツとクローバー 第23話感想。



竹本くんの住み込みバイト生活スタート。

実働16時間で日当¥4200・・・・・安っ。
でも『3食食べれて布団つき☆』、ということに魅力を感じられるって
それまでの旅の過酷さが伝わってきます・・・!(涙)

原作のはぐの物語がない分、竹本くんの働いてる様子をじっくり見せる。
バックで流れていた音楽が◎。
男の人に御飯食べさせたり、洗濯物をたたんでいる様は
まるで肝っ玉母さん・・・!?本人もまんざらではない様子(笑)


一方、真山は理花さんと山田さんが一緒に仕事しないようもみ消しを図る。
自分も気まずい、というのもあると思うけど、
やっぱり山田さんへの気遣いの気持ちを第一に考えていたんだと思う。
それだけ大事に思っているというのはよく分かるから。
見せ付けてやれ!という美和子さんに対し、逆効果説を唱える森田さん。
どちらの意見も筋が通っていて、選ぶのが難しいような・・・(苦笑)

森田さんが真面目に真山に、真面目なお話。
でもはぐの話を振られると、いつもの調子に戻って逃げる。掴み所が無い。
「竹本がいない」と呟く森田さん。
居ない間に勝手に結論は出せない、ということでしょうか。





さて。

家政夫・竹本くんに忘れかけていた旅の意味を思い出させたのは六太郎の一言。


「そんなのは余裕のある人間のやること」
「フラついてても食べていけるのは どーせ親のおかげ」

若くしていろいろな苦労を乗り越えてきたんでしょう。重みのある言葉です。


シンさんと出かけた竹本くんの後にこっそり付いてきた六太郎。
仲直りしたいけど恥かしくて、棟梁に言われたことにしてる様が
まだ子供っぽくて、またぶっきらぼうなところが可愛らしい。

そして、竹本くん再出発の日。
シンさんに自転車を借り、六太郎にも元気よく送り出してもらい、
再び走り出した竹本くん。


次週いよいよクライマックス・・・・!!








2005.09.23 Friday 14:25 | アニメ。 | comments(0) | trackbacks(2) |
ハチミツとクローバー 第22話感想。



竹本くん祭り。

森田さんが自分探し・・とは名ばかりの仕事へ行かせられているのも、
はぐが絵画教室の先生をやるのもカット。
竹本くんのみに焦点があたってます。

これでやっと気付きました。
アニメでは竹本くんが主役なんだということ。(遅すぎ)



でも、不満はありません。

袋小路へ迷い込んでいる竹本くんの姿や、
人生の岐路に立った時に抱く感情は自分に反映させやすい。
「同じ事思ったことある!」という方も多いのでは?
私は思いました。ちょうど先週のシーンの頃はそんな時期だったので。


本編へ戻ります。

宮大工さんたち登場。
大当たりのししとうを食べた亀吉さん、ナイスです♪
しかも六太郎は浪川さん!!(興奮)
女性が声をあてるのがいいじゃないかな、と思っていたりもしたけど
浪川さんならアリだよっ。(←単純)

そして、竹本くんバイト資金を稼ぐためお世話になることに。


一方、山田さんは真山の想い人と初たいめーん。
そりゃ美和子さんも、息が切れ切れになるわ。
会話しようと努める山田さん。なんていいコなんだ・・・!
理花さんが旦那さんから貰った靴。
壊れても、体に無理してでも履き続ける理花さん。


一緒に車で帰る時の山田さんのモノローグ、
今日は横書きのモノローグがカットされてしまっていたけど
私はあの横書きが好きだったのだ・・・。



   愛し 愛された 想い出が

   彼女を しばる

   やわらかく 耳を ふさぐ

   彼女が住むのは

   永遠につづく 霧雨の国なのだ



これを読む度、胸が一杯になる。



ハチクロは原作に忠実に作られている作品ですが、
今回はオリジナルシーンも。
花本先生寂しさを語る・・・・の巻。



  寂しさは波みたいに押し寄せてきて、かと思ったらスーっとひいていく。 
   それがずっと続いていく。そういうもの。


うんうんうん。
なんでだろう?特別な事があったというわけではないけど、
時々やってくる、この寂しさ。
埋める方法を、知らない。耐えるしかない。
自分だけかと思ってましたが・・・同じ思いの人、居たりするのかな?



そういえば。

DVDの何巻だか覚えてないですが、
ローマイヤ先輩の話入るんですねっっ!!
しかも声をあてるは山ちゃんっ。豪華だ・・・・!
ぱよぱよ聞いたら「ファッションリーダー山崎」もあるらしく!

いや〜〜原作ファンのツボをしっかり抑えてくれるんですねっ!
ホント感動もんだ〜〜♪







2005.09.16 Friday 14:24 | アニメ。 | comments(2) | trackbacks(6) |

このページの先頭へ